費用や管理体制を把握して上手に選択

横浜の霊園の上手な選び方

近頃は生前のうちに自分の死後について考える、終活が大変注目されています。その終活を考える上で、最も見られているものは葬式についてですが、もう一つ忘れてはならないところがあります。それは、最後に眠る場所です。最近ではお寺と檀家関係になっている方も少なくなってきていますから、墓地ではなく霊園を選択しようと思っている方も多いのではないでしょうか。
けれどもここで問題となるのは、どこの霊園を選ぶかという問題です。横浜では人口が多い分だけ霊園の数も比較的多い地域だと言われています。その中から自分にあった霊園を探すのは大変骨が折れることでしょう。しかし、選ばないわけにはいきませんから、どのように選んでいけば良いか考えていく必要があります。一体どのようなところに注意して選んでいけば良いのでしょうか。横浜の霊園の上手な選び方として、まず注目すべきことは、その霊園は民営か、公営かという点です。
一般的に公営だと生前に購入することができないケースが多いですから、終活している方は民間の霊園に絞っていくのが良いでしょう。次に注目すべきは、費用の面です。民間霊園は公営と比べると管理費などが多くかかる傾向があります。ですから、費用の面もしっかりと把握しておくことが大切です。場所については、どこであっても横浜市内であれば送迎サービスが充実していますから、あまり深く検討する必要はないでしょう。

横浜の霊園を選ぶ基準とは?

多くの人が居住する街、横浜。横浜は、日本でも最も大きな政令指定都市です。人口は370万人を越え、それだけ多くの墓地の需要があります。多くの横浜在住の方たちが、横浜市内に墓地を取得したいという要望をもっています。平成25年に横浜市が行ったアンケートによると、市民の7割の人たちが、市内近郊に墓地を持つことを希望しています。
やはり、お墓参りへの利便性を考えると、首都圏でも近郊に墓地をもちたいというのが人情のようです。立地条件以外の要望としては、霊園の管理体制の磐石さや、交通の便のよさ、法事をする会館があるかどうかが重視されます。また、墓地は10年、20年という短いスパンではなく100年単位の長い運営維持が求められます。そこで経営母体の経営力なども広く問われてくるのです。
また、広い霊園の場合、個々人の墓地に対する管理体制が不安視されます。常に綺麗な清掃状態が保たれているかどうかも、霊園を選ぶ上での重要なチェック項目です。霊園選びは、単純に立地や宗派だけでなく、これらの総合的な要素で選択されています。
現在横浜では、霊園の無料見学会が多数開かれています。無料見学会に参加する際には、立地、宗派のほかに、経営母体や法事ができる施設の確認、管理体制をしっかりと把握しましょう。そうすることで、孫の代、ひ孫の代まで安心な霊園を選ぶことができます。

おすすめの記事

交通便も良く色々なタイプの中からセレクトできる

横浜の霊園の特徴について 横浜の霊園の特徴として、自然豊かな丘陵地や視界が開けた景色が一望できる美麗な景観を持っていることが特徴的です。このような特徴から、首都圏近郊から横浜の霊園を求める人も数多く人気の墓…

詳細を読む

人気エリアの特徴と維持費相場

横浜の霊園の特徴 横浜の霊園の特徴は、景観の良い所が多いという点があります。海に面していたり緑が多いなど、横浜ならではの霊園がある中、お墓の不足が問題になっています。これは横浜に限らず、東京など首都圏全体的…

詳細を読む