人気エリアの特徴と維持費相場

横浜の霊園の特徴

横浜の霊園の特徴は、景観の良い所が多いという点があります。海に面していたり緑が多いなど、横浜ならではの霊園がある中、お墓の不足が問題になっています。これは横浜に限らず、東京など首都圏全体的な傾向で、それぞれの自治体など対策に乗り出しています。横浜はお墓の不足を解消する為に、永代供養墓や樹木葬などのタイプが増えていて、屋内型の納骨堂などの霊園も増え始めています。
横浜の霊園は、土地の特徴を生かし自然葬を取り入れた区画があって、花や緑、海に囲まれた景観の良さが最大の特徴です。また、霊園と市民が憩いの場所を併設するタイプも計画されているので、横浜の霊園はこれからも自然感を出した場所が増えていく傾向です。
外の景観を生かし、自然の中に霊園があるという特徴の横浜ですが、都市型の霊園も広がりを見せています。それは近代的な納骨堂で、屋内にあるというだけではなく、お参りする方法にも工夫がされています。
参拝スペースという場所が設置されていて、その場所に納骨を呼び出してお参りをするという、近代的な納骨堂になっています。また、立地条件も重視した納骨堂型の霊園もあり、交通へアクセスし易いなどの場所が増えていて、自然を感じるタイプと近代的な部分を感じるようなタイプが、横浜の霊園の特徴と言えます。

横浜の霊園の維持費はいくら位?

大切な人が安らかに眠れるよう、出来るだけ良い環境の墓地を用意したいですよね。しかし、今を生きる家族も大事ですから、家庭の経済状況を含めて吟味する必要があります。霊園で墓地を用意するときは、お墓の初期費用や諸々の経費が掛かりますが、お墓の維持費についても考慮しておかなければなりません。ここでは、その維持費について詳しくご紹介していきます。
霊園にも、公営霊園と民営霊園の2種類が存在しますが、それぞれによって維持費の相場も変わってきます。公営だと大体4,000円~になりますが、民営だと1,000円プラスして大体5,000~が目安となります。もちろん、料金が高いところだとそれだけ清潔な管理を望めることになります。
こうして見ると、公営の方が安くつくからお得だ、と思うかもしれませんが、納骨やお花の手配などを自分で業者に依頼する必要があります。民営ではこれらの手配を行ってくれる分、料金が割増となっているわけです。結局どちらを選ぶにしても、掛かる費用に大した差はないと言えるでしょう。横浜市には20件以上もの霊園が存在しています。宗教不問の墓地を必要としているなら困ることはないですね。よく調べてから慎重に決めましょう。

おすすめの記事

交通便も良く色々なタイプの中からセレクトできる

横浜の霊園の特徴について 横浜の霊園の特徴として、自然豊かな丘陵地や視界が開けた景色が一望できる美麗な景観を持っていることが特徴的です。このような特徴から、首都圏近郊から横浜の霊園を求める人も数多く人気の墓…

詳細を読む

人気エリアの特徴と維持費相場

横浜の霊園の特徴 横浜の霊園の特徴は、景観の良い所が多いという点があります。海に面していたり緑が多いなど、横浜ならではの霊園がある中、お墓の不足が問題になっています。これは横浜に限らず、東京など首都圏全体的…

詳細を読む